concept

交流スペースカラコレスは、2017年に発足しました。

実家のある上牟田に居を移す際に、1階部分を少しばかり広いスペースにして、今まで縁のあった方々と催し物を開催しようと考えたのがきっかけです。

早速、幼馴染のクラフト作家の大塚由美子さん、彫刻家の中西秀明さんに声をかけたところ、大いに賛同してくださり、お二人の力を借りて、イエイエ、お二人の力で、カラコレスでの作品展が実現しました。

カラコレスで開催される催し物の大きな特徴は、たくさんの方のコラボレーションにより、不思議な縁と出会いが生まれるということです。

北沢街子さん曰く「小さな頃原っぱで遊んだ時って、すごくドキドキして、興奮しましたよね。」 そうなんです。もうあの小さな頃には戻れないけれど、またみんなとワクワクする楽しい時間を過ごしたい。

でも、もう私たち、歳を重ねちゃって、もう走れないかも。大きくなった私たちは、それぞれに生活や、生業や、趣味や特技を持つようになりました。そして、それらを語るみなさんの表情の中に、あの原っぱで出会った子どもの笑顔があります。今もみなさんが、様々なところでもち続けている情熱を参加者みんなで共有し、ワクワクする空間を作りたいと考えているのが、交流スペースカラコレスです。