中西 秀明 彫刻展

今、ヴァルトアートスタジオ 福岡市博多区千代4-12-2で 中西秀明さんの彫刻展が開催されています。カラコレスでも作品展をさせていただいた仲良しの中西君の作品がすごい!!!!

 

このハガキの作品を「あ、見たことがある!」と思われた方も多いのでは?そうです。照葉のマンションの敷地に展示されている大きな彫刻ですね。この作品を作ったのが中西秀明さんです。

地下鉄千代県庁口からすぐのヴァルトアートスタジオですよ。

馴れ馴れしくも「中西君、作風変わった?」なんて聞いてしまいました。「変わっていませんよ。」とのことでしたが、私の言い方がまずかったなあと気づきました。中西君は変化し続ける本物の芸術家だと言いたかったのですね。

会場に入ってすぐ目に入るのは、美しい目をもつ大きなうさぎ!なんだか少しだけお姉さんの作品を思わせるような無垢なうさぎです。

欲しくなるものばかり!また行こうと思います。会期は9月28日まで。お時間ありましたら、ぜひのぞいて下さい。

カサ・アルベルト

マドリードでは、Artistic B&Bというホテルに泊まりましたよ。女主人のパオラさんが本当に素敵な方で、マドリードに行く前からメールの質問に答えてくださって、無事に生地屋さんで買い物をすることができました。

パオラさんのオススメの場所はどこも最高で、レストランのカサ・アルベルトもとってもよかった。お店の絵葉書を持っているご主人

カマレロの、うん?名前が出てこない。

美味しくて安かったなあ。また行きたいなあ。

「飲み物は?」と聞かれたので、「う〜ん、(飲めないので)コーヒー!」と言うと、「そりゃデザートだろうが!!」と言われました。厳しいなあ。

空港で、飛行機の中で、ホテルのベッドでやっていたのは、衣装のデザインとそれに必要な生地の計算。そんなこんなの結果の衣装たちです。

 

 

スペインに行っておりました。

どのくらい更新していないのか?と思いつつ、仕事に励んでおりました。あ、4月から更新していない。4月かあ・・・ラリアの振り付けでタブラオに出演していたなあ。さらには6月のスペイン出発に向けて準備をしていたなあ。毎日レンフェのサイトを見てた。不動産の問題も2つばかり抱えておりました。忙しかったなあ。

でも無事にスペインに出発できました。美食の街サンセバスティアンの風景です。
マドリードからレンフェでサンセバスティアンに到着したのが、夜の10時ごろ、あたりは真っ暗でおまけに道に迷ってしまい、親切なご婦人に助けてもらいました。次の日、太陽のもとで見たサンセバスティアンは、こんなに美しい街!

6月下旬は学校も休みに入っているようで、バルではオーナーの子どもが遊んでいたりしていました。

今回のスペインの旅は、「(私)フラメンコの衣装をスペインの生地で作りますよ〜」「(友人)あ、お願いしま〜す」という友人を8名募っての生地の買い付け(?)の旅でもありました。こんな衣装を作りました。

8名の友人に感謝したします。こんな初心者に任せていただいて。