ソレア〜孤独〜

 友人で、フラメンコを踊る中原麻里子さんの衣装を新しく作りました。ソレアやシギリージャに合う衣装を依頼され、作ったのが、これ。

 ティアードタイプのスカートになっていて、アンダースカートの色は、透けて見えている紫。曲が盛り上がって、踊り手がスカートを持ち上げて足技を見せると、その紫が前に出てくるという趣向。良いですよ〜!!麻里子さんの踊りが良いんです!

 つくづく思うんだけど、フラメンコの衣装って、踊るときに大化けする。こんなに大化けする服は他にないんじゃないかいなと思うくらい。この写真の麻里子さんが着けているのは、私が初めて作ったエプロン・ピキージョ。踊っているときに、衣装が生き生きと輝くのは、踊り手さんが衣装も踊らせるから。フラメンコってそう。

 ソレアはすごく難しい曲で、スペイン語で、孤独という意味。踊り手から伝わってくる孤独は、言葉ではなく、身体と空気を通して胸に響いてくる。そんな踊りを踊りたくて、フラメンコの魔法にかけられて、今日もみんなで頑張っているのだ。あ〜足がもつれるし!ここで、腕を上げ〜れないやんか(泣)って、ドMですかね?

今日の能古島 くもりのち雨?

 友人から能古島の写真が送ってきました。今にも雨が降り出しそうな空。写真とってもいいなあ!

 こんな海の写真を見ると、人生の中で1年間だけで良いから海のそばで暮らしたいと思う。海は不慣れなので、思いがけない失敗もするだろうけど、この歳になって慣れない暮らしでオロオロするなんて、最高の贅沢だ。いや、みんなは、何言ってんの?と言うに違いないけど。多分。

そうだ。昨日も似たようなことを考えた。夜、空港から、飛んで行くピーチの飛行機を見た。じーっとそれを見ながら、またスペインに行きたいなあと思った。本当に落ち着かない人間である。ああ、今頃、スペインのみんなはどうしてるだろうか?無事だろうか?元気にしているだろうか?また会えたら、また会えたら・・・無事だったねえと、ひじタッチするぞ!

当たり前の日常が、有り難いことなんだと思い知った3ヶ月だった。この写真の日常がいいんだよ👍