自分では選ばない布地

 さて、こちらは、バイラオーラで、カンテさんでもある友人にお作りした衣装です。ラッセルレースは、日本製だけどその他の布は、この衣装のためにスペインにお買い物に!!って、しつこくてすみません。彼女はすごくセンスが良い人で、同系色の重ね方がすごく上手。でも、フラメンコの衣装だからね〜今回もっと、目立ってみようと、同系色を少し外してみました。

 それから以前に作らせてもらったリバーシブルのチャレコを少し手直し

 このチャレコが、上のお衣装に合うんですよ。セットアップみたいになりました。この衣装、友人は自分では選ばないんじゃないかなあと思うんだけど、小花の模様とスモーキーピンクがすごく似合ってました。大人可愛いよりもっと艶やかな感じ。踊ってもらうのが楽しみでなりません。

 アイボリーのアンダースカートには、部分的にレースを入れて、本当に、羽のように軽い衣装に仕上がりました。衣装屋は、楽しいです。だって、この衣装を着て、友人は魂込めた踊りを踊ってくれるんだよ!

デザイン画から製作しました

 若くて意欲的で、一生懸命なバイラオーラさんからのデザイン画が届きまして、そこから型紙を作って製作しましたよ〜

 布地はほとんど日本製だけど、刺繍みたいな飾りとファルダの金のテープは、この衣装のためにマドリードへお買い物に!!って、他にもたくさん用事がありました〜笑 でも、お店に入って、はたと困りました。この刺繍みたいなアイテムはなんと説明して、買えば良いのだろう?うわ。まずい!スペイン語で何というか知らないよ!でもふと見上げたお店のカウンターの高〜いところに、展示してありましたよ。こんな刺繍みたいなやつ!そこで、隣にいたご婦人に、「すみません。あの高い所の物は、スペイン語で何というのですか?(たどたどしい)」「ボルダードですよ」あーグラシアスー!しかも、そのご婦人は、私がモタモタして、注文の順番を飛び抜かされた時に「次は、この方ですよ。ボルダードを買いに来られたんですよ。」と、お店の人に言ってくれた。お店の人は、見本帳を持って来てくれて、選んだのがこれです。スペインって本当に好きだ。

 金のテープも刺繍も、日本製とはちょっと違う仕上がり。凹凸があるので、影ができるんです。三次元の芸術の国だからね。この衣装もシンプルで、綺麗でバイラオーラを立体的に見せます。