東南アジアのファブリック工房

コロナの影響でうちのフラメンコ衣装工房に誰も来れなくなってしまった。そこで、よし!この間に模様替えをして、使い勝手をよくしようと考えた。スペースがあるからソファとか置いてみたいなあなどと妄想し、ネットでソファを検索。

結果、やっぱり何も置かないことにした。この無駄なスペース大事かもと。しかし、椅子の座面が固くて気になっていたので、クッションを8個作ることにした。布は、スペインで買ってきたのがいっぱいあるからね。(なんと!これはよく見れば、服用の布ではなく、ファブリック用じゃん!!というのが、結構あったわけだ。知らないって悲しい。)

(ひたすら縫う・・ただし家庭用JUKI エクシードで。)

さて、8個なので、時短のため、8個分まとめて裁断。8個分まとめてロックかけ。8個分まとめてファスナー付け。8個分・・とまとめてやっていたら、なんだか、ファブリック工場で働いている気持ちになった。久しぶりに暑い日だったので、東南アジアのファブリック工場。行ったことないけど、バリ島!!

(出来上がり)
(ファスナーのところ)

ファスナーの縫い目が曲がってるので、工場長に怒られそうだ。けれども、あっという間に8個完成。このクッションのおかげで、長〜くおしゃべりしててもお尻は大丈夫。実は、この布は、2019年に三浦さんのブラウスを作るために買って来た。張りがありすぎて、ブラウスは無理だった。スペインの不思議な模様・・枯葉だよね、これ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です