キレイに裏地

 裏地をつけるのが嫌いじゃないんです。シルエットがキレイになるし、袖を通した時のスッとした感触が好きで。でも今まで、自己流で裏地つけていました。参考にしたのは、シャネルの情報。「シャネルは、裏地は手縫いでつけます。」これだよ!!!というわけで、ずっと手縫いでつけておりました。

が、ある日。川端通の丸十さんから、「ミシンでぬう裏地の付け方講習会」の案内が届き、これだよ!!!と、早速行ってまいりましたのが、1年前。せっかく習ったのに、使うチャンスがなかったのですが、お裁縫熱が高まっていたこのお正月にテキストと首っ引きで、ジャケットの裏地をミシンでつけてみました。

これ、丸十さんのレジュメです。思い出しながら、謎の図面を解読しながら〜

で、完成です🎉これは、fab-fabricさんで習いながら途中まで完成させていたジャケット。裏地の裁断も終わっていたので、あとは、やる気の問題だけでした☺️やる気充填しての完成。ボタンは、また来年・・(サグラダファミリアか?)