どうなるのか?うちのシマトネリコ

昨年の12月末に植えてもらった2.5mのシマトネリコが着実に枯れ進み、5月には葉がほんの少し残るだけになりました。それでも、5・6月は、シマトネリコの成長の季節なので、新芽が出ては葉を広げようとするのですが、尽く黒く縮んでダメになってしまいました。

植木やさんも「土との相性が悪いんでしょうかね?」と首を傾げる状態。「メネデールで劇的に改善されることもあります」とのことでしたので、すぐにホームセンターで、メネデールを購入し、投入してもやっぱり変化なしでした。

新緑の季節にこの凄まじき姿のシマトネリコはないよなあと思い、同じ敷地に地植えにして以来勢いよく育っているシマトネリコ(1980円で、7年前に購入ひょろひょろしていたのに地植えで元気になり、葉はつやつやで形も良くて、実は美人であることが判明した。)と場所を交代してもらうことにした。こんなに元気に大きくなると予想してなかったので、カラコレスの看板が見えなくなりそうなのです。

枯れススキのシマトネリコは植木屋さんに引き取ってもらうようにしていたのだけれど、自分でも植え替えできるかなあと思って、枯れススキを引っ張ったら、すっと抜けた。「えっ?」見るとびっくり、シマトネリコの根は、不織布に包まれたままでありました。その隙間から、1本だけ、50cmほどの根がはみ出して伸びていました。不織布の中は根が詰まっている。私は素人ですが、これでは水が吸えなかったことぐらいはわかります。それで、不織布を全部剥ぎ取り、ホームセンターで一番大きなサイズの植木鉢に2.5mのシマトネリコを植え替えてみました。

さらに、美人の、まだ1mにもなっていない、でも勢いのあるシマトネリコの植え替えにかかります。でも、掘った時に切ってしまった根があるために、枝の先の若い葉と新芽が、すっかりうなだれてしまいました。「これはまずい!」とうなだれ方がひどい枝は、セロテープで補強して、様子を見ていたら、約1週間で、うなだれた若い枝と葉が元に戻りました。すごいなあ。でも、葉の形がちょっと不完全。伸びきれずに固まったという感じです。シマトネリコ、ごめんなさい。

新芽って、水の供給が止まると伸びきれないのね。水の力で葉の形が作られていくのね。その後でクチクラ層が発達して、強くなっていくのね。文献で確かめてないけど、きっとそうだと思った。だから枯れススキのシマトネリコの新芽が枯れてしまったんだろう。根が水を吸えないから。

さて、植え替えの試練をくぐり抜けた美人のシマトネリコにも頑張って欲しいけど、何と、枯れススキのシマトネリコに新芽が出てきた。

不思議だよねえ。枝を作っている細胞が初期化して、新芽になっているのでしょう?植物すごいなあ。もし、この新芽が成長できたら、根が蘇っているということですよね。緑の葉になって欲しい。頑張れ!

今日は、カラコレスに大学の時の友だちが遊びに来てくれました。今年は還暦だけど変わってなかった。これからも時々遊びにきて、一緒にもの作りをしてくれるって!こんな嬉しいことはない。また一緒に遊べるぞ!心が暖かくなった日曜日でした。今日もカラコレス日和だ。

宗像のガラス工房と蕎麦屋さん

先日、中西秀明くんと大塚由美子さんに連れられて、宗像に行きました。急に空気が澄みはじめたと思ったら、そこが、福津市北部の新原(しんばる)・奴山(ぬやま)古墳群のある場所でした。沖ノ島と一緒に世界遺産になったと聞いてはいましたが、改めてあたりを見ると、古墳群が広がっています。うん、ここはぜひ改めて行ってみたい場所の一つにしよう。

さて、今回の目的は、吹きガラス工房『粋工房』さんの見学です。

こちらが手吹きガラス工房です。火が入って、空気がゆらゆら揺れていました。

ガラスを溶かすためのつぼが並んでいました。こちらは、吹きガラス体験をする建物

工房の前で拾ったガラスたち。綺麗です。なのに〜『粋工房』さんの建物の正面の写真を撮っていませんでした。

アクセサリーを粋工房さんに作ってもらおうと思っているのですが、今回の訪問で、改めて学習したことは、人にものを作ってもらう時には、きちんと設計図とか、模型とかが必要なのだという「そんなの当たり前やろう!」と言われそうな基本のことです。自分で何か作る時ですら、構成は、きちんと決めて書いておかないと、どんどん道から外れておかしなことになってしまうのに。まずは、スケッチからすればいいのかな?よし、朝になったら、ヒントを探しに行こう。

さて、次に連れて行っていただいたのは、お蕎麦やさんで、『昇風庵』さん

正面撮りました。それから店内

お蕎麦とかしわご飯の美味しさもさることながら、お店の設えが豪快で繊細です。

またこちらは店長の趣味・・・(という言葉はちょっと違うなあ。)伝書鳩のレースに愛する鳩たちを参加させているとのことでした。この表彰状の鳩は、優勝した昇風号です。新潟から宗像の鳩舎に戻ってきたのです。一番で。

鳩舎の上を旋回して、急降下して戻ってきたと言われていました。感動されただろうなあ。

今回は、かしわご飯と蕎麦だったけど、地魚のお寿司が絶品らしいです。また行きたい場所です。

良い場所ばかりでした。みなさんありがとうございました。

 

 

博多うどんのかねいし

4月からお世話になっている東比恵のうどん屋さん『かねいし』。ネットでも有名で海外からの観光客も訪れる、自然の食材だけを使った美味しくて安全な博多うどんのお店です。

さて、このお店の店長の趣味が陶芸でありまして、先日店長の作品を譲っていただくという光栄にあずかりました。

(4枚目の写真のお皿は、19年ほど前にハノイで購入したもの)

まん丸い形からすこーしだけ歪みが出ていますが、それが全然残念ではなくて、手に取ると、1000℃を超える窯の熱を感じるような作品になっています。

大塚由美子さんと9月にまた、カラコレスでちょっとイベントしましょうよ!と計画を立てているところに来ての、この店長の作品!出品の許可をいただきました。嬉しい限りです。

セルバ・コルテス講師

アルマデフラメンコというフラメンコの教室が中洲川端にあります。フラメンコ講師は日本人とスペイン人で、3〜4ヶ月ごとに魅力溢れるスペイン人講師が来日して、フラメンコを教えてくれるという、まことに有難い教室であります。

今来日しているのは、セルバ・コルテス講師(Prf. Selva Cortes)。キレッキレの動きに情感あふれる詩をのせて、セルバは自分の踊りを追及中です。

カラコレスにも遊びに来てくれ、北澤街子さんとともに、楽しいひと時を過ごしました。彼女は桜がすごく好きで、ならばと、西行の「願わくは・・」を教えたところ、スペイン語に訳したそうです。カラコレス亭主のスペイン語能力には、疑いが大いにありますが、西行に泣けたとのことでした。

セルバ・コルテス講師です。

 

エニシダの花が咲いた!

昨年7月ごろにシャラの木の根元に陽が当たらないようにとりあえず植えてみたエニシダが咲き始めました。もちろん亭主は園芸超初心者なので、エニシダがどのような花を咲かせるのか知らなかったわけなのですが、これはすごいです。

全ての枝に花をつけるつもりらしく、花の重さで枝がお辞儀しています。まだまだこれは序の口で、本当に満開になったら、どんな状態になるのでしょうか?

好きだった上牟田公園のレンギョウが、見事に剪定されてしまって、今年は満開の花を見ることができなかったから、エニシダの花がうちに咲いてくれたのが嬉しい限りです。

こちらはオーストラリア原産の花です。何という名前だったかな?こんなに近づいて写真を撮るとジャングルみたいですね。

カラコレスに花

カラコレス亭主はこの頃、アルバイトを始めました。場所は飲食店で、今までの仕事とは全く違う職種なので、使えない新人となっております。特に昼食どきの忙しさは半端なく、どうも邪魔になっているようです。

ベテランの方々の教えに、返事は「はい」「わかりました」「只今」の三択です。そのうち要領も得て、「使えるじゃないの!」と言ってもらえるかな。

さて、中西秀明作のカラコレスの看板には、昨年からカロライナジャスミンが蔓をからませていたのですが、今年はたくさん花をつけてくれました。

通勤途中に、足を止めて見てくださる方もおられて、植物を育てることが苦手な亭主としては驚きの事態です。カロライナジャスミンありがとう!この後ジャスミンの花は満開となり、次に足元の小さな山桜が咲き、次に名前を忘れた花も咲きました。次はエニシダの花が咲きそうです。

心配なのは、12月の終わりに植えていただいた2mのシマトネリコです。

小さな硬い新芽ができているようですが、未だにウンとも寸とも言わず葉は枯れる一方です。「6月には新緑になる」と何かに書いてありましたが、どうなるのかな?

北沢街子作品展 今日まで

お芝居あり、テレビ作品あり、Shoe lab noppo さんのワークショップありと、にぎやかにかつ、まったり開催しております北沢街子作品展 本日が最終日となりました。

おいでくださったみなさんへの感謝でいっぱいです。

「あ、まだ行ってない! 今日が最終日だっけ?」と気付かれたみなさま、お待ちしております。

このブレスレットはnoppo先生とつくったブレスレットです。足のゆがみをなおす話やフラメンコシューズの選び方、靴底の入れ方など、ほんとうにためになる話ばかりで貴重な時間となりました。

北沢街子作品展がスタートしました。

3月21日(水)より北沢街子作品展がスタートしました。

街子さんに作品の解説をしてもらいながら、ゆったりと至福の時を過ごしています。さて、いよいよ今日は、元教員によるお芝居と中学生制作のTV番組の上映会です。先ほど、PCとテレビが間違いなくミラーリングしていることを確認しつつ「演技うまいなあ」と改めて作品に見入っていました。

中学生はすごい勢いで、後ろも振り向かずにどんどん成長してしまうので、この作品は、その一瞬を閉じ込めた珠玉の作品になっています。監督と編集も中学生です。すごく楽しかったそうなので、大人になって編集の仕事なんかに就いたりなんかして!

今日会場で皆様とお会いできるのを楽しみにしております。13:30スタートです。

Hiromiのチーズケーキが入荷しました!

編集グループSURE 期間限定実店舗   スタートします

今日カラコレスは全国の 編集グループSURE ファンのみなさまの垂涎の場所になりました。北沢街子さんの手によるSUREの本の表紙や挿絵の原画と本が一緒に並んでいます。

また、こちらは作業中の北沢街子さんです。

 

という訳で、カラコレスがSUREの期間限定実店舗になり、ウチの机の上には、読みたかった本がたくさん並んでいます。

本を置いている机は、中西秀明さん制作の一点もので、これまた本と机の出会いが嬉しくてたまらないカラコレス亭主でございます。

3月21日(水・祝)からスタートする北沢街子作品展では、街子さんの編集者としての仕事も紹介しています。また、SUREの本の販売も企画しております。

ぜひおいでくださいませ。

 

北沢街子作品展 大きくなるフライヤーと

今日は、街子さんと会場づくりをする日です。

画家と一緒に作業をさせていただける至福の一日です。針金などを買い揃えてお手伝い開始です。また、今日はまかないに挑戦してみようと考えています。

夏の『中西秀明作品と骨董展』の時に大塚由美子さんが毎日つくってくれたまかないがおいしすぎて、『いっしょに食べる』って大切だと、いまさらですが感じて、挑戦することにしました。

できるかな?具うどん・・・・

さて、今日は大きくなるフライヤーもアップしてみます。☆画像をクリックしてみてください。