編集グループSURE 期間限定実店舗   スタートします

今日カラコレスは全国の 編集グループSURE ファンのみなさまの垂涎の場所になりました。北沢街子さんの手によるSUREの本の表紙や挿絵の原画と本が一緒に並んでいます。

また、こちらは作業中の北沢街子さんです。

 

という訳で、カラコレスがSUREの期間限定実店舗になり、ウチの机の上には、読みたかった本がたくさん並んでいます。

本を置いている机は、中西秀明さん制作の一点もので、これまた本と机の出会いが嬉しくてたまらないカラコレス亭主でございます。

3月21日(水・祝)からスタートする北沢街子作品展では、街子さんの編集者としての仕事も紹介しています。また、SUREの本の販売も企画しております。

ぜひおいでくださいませ。

 

北沢街子作品展 大きくなるフライヤーと

今日は、街子さんと会場づくりをする日です。

画家と一緒に作業をさせていただける至福の一日です。針金などを買い揃えてお手伝い開始です。また、今日はまかないに挑戦してみようと考えています。

夏の『中西秀明作品と骨董展』の時に大塚由美子さんが毎日つくってくれたまかないがおいしすぎて、『いっしょに食べる』って大切だと、いまさらですが感じて、挑戦することにしました。

できるかな?具うどん・・・・

さて、今日は大きくなるフライヤーもアップしてみます。☆画像をクリックしてみてください。

shoe lab noppo さんのマジック編みワークショップ

今回の作品展に参加していただくshoe lab noppoさんのマジック編みブレスレットの画像です。

noppoさんを知ったのは、我が放送部の生徒を連れて取材に行ったことがきっかけです。アルマデフラメンコのすぐそばのリノベーション冷泉荘で、手作りの靴やカバンやアクセサリーのショップを開いていらっしゃいました。

また、ショップでは、手作り靴などの教室もあり、いつか参加したいと思っていたのですが、なんと今回は、北沢街子さんの最近の出版物『内陸のくじら』(シオドーラ・クローバー著 中尾ハジメ訳)にちなんでマジック編みブレスレットのワークショップをカラコレスで開いていただくことになりました。

ワークショップ終了後は靴の手入れ(フラメンコシューズももちろん)の方法なども教えていただけることになりました。

ワークショップの開催は、3月25日(日)午前11時からです。

材料費込みで、1,000円です。どうぞご参加下さい。

⭐画像をクリックすると大きくなります。

北沢 街子 作品展

画家の北沢街子さんの作品展をカラコレスで開催いたします。

日時:3月21日(水・春分の日)〜27日(火)まで

毎日 11:00〜19:00 オープンです。

北沢街子さんは オーストラリアのモナッシュ大学で美術を学び、現在は
油絵や版画など自らの作品作りとともに、彼女が代表を務める、編集グループSUREのほとんどの作品の表紙絵や挿絵を制作しています。

街子さんならではの空気の漂う作品と、編集者・挿絵作家としてのイラストなど手作業の品々も展示いたします。

入場は無料です。